免許合宿ではどのくらいの現金が必要なの

快適に免許合宿を送るために、どのくらいのお金が必要になるのか所持金を確認しておきましょう。
合宿期間は約2週間なので、一般的な生活を送るには1万円~2万円もあれば十分です。
しかし、免許合宿の内容により異なり、また生徒の使い道にもよるので一概に幾らとは言えません。

免許合宿のいろいろな情報を集めました。

例えば、食事や交通費が別途になる免許合宿プランでは3食の食費や往復の交通費がかかるので、その分のお金が必要です。食事や交通費別途のプランは教習費用が安いのが特徴ですが、合宿中の出費を抑えるには食事や交通費込みのプランを選択するのがおすすめです。さらに保証金が別途のプランもあるので注意しなくてはいけません。

教習の延長や試験に落ちて再検定が必要な場合はその都度費用を支払うことになるでしょう。



また、観光や娯楽を楽しむならそれなりのお金も必要になってきます。


ですが、出かける予定もなく宿舎でほぼ時間をつぶすというのなら余裕を見て2万円もあれば過ごしきれるはずです。



心配な方はATMの確認をしておきましょう。
お金を下ろせる場所があるなら最低限の所持金でも充分ですので、徒歩圏内のコンビニや銀行を必ずチェックしてください。

まとめると、余計な出費の心配をしたくないなら充実したプランで選ぶこと、施設利用や娯楽にかかる費用を捻出しておくこと、ATMを確認しておくこと、これをしておけばお金が足りなくなって困ったとなるケースはほぼないと考えていいでしょう。